ゲイ旅

ゲイの海外旅行ナビ

都市一覧

台湾
台北
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
フィリピン
マニラ
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー
ゲイ旅

マニラ

東南アジアの島国フィリピンの首都マニラ。セブやボラカイといったリゾートへ向かうときも立ち寄ることになる街だ。

マニラのクチコミ

  • Fahrenheit(ファーレンハイト)
    ★★
    Gspoさん
    2018年5月31日11時04分投稿

    金曜日の夜8時ごろ行きました。
    初めてで入り口らへんが嫌だったので、そこら辺をメインに書きます。

    まず、入り口入ると、
    受付、受付の両脇にドアがあり、カバンを預けるところがありました。

    First timeと伝えると、IDを出すよう言われ、紙を渡されました。そこに名前と住所を書いて、お金を渡しました。(覚えてませんが、500ペソ以下)そのあと2つ鍵のついたブレスレットを渡され、受付の隣にお姉さんがいるところで、カバンを預け、その隣のドアから入りました。
    まっすぐ行って、右にまたドアがあり、入ると、スタッフがいるので、鍵を渡し、携帯とライターをポストの様な所に入れました。(他の方も投稿ありましたが、ライターは持ち込み不可)それからサインして、隣にある階段をあがり、そのまま真っ直ぐ行くとスタッフが座っていたので、clubbath.と伝えるとまた荷物チェックをして開けてもらいました。
    タチ(Top) が青、リバ(vers)が白、ウケ(bottom)がピンクでした。

    Club bath は部屋代を先に支払いますが、ここは無料です。
    イケメン多かったですし、がっちり体型も高身長もおじさんもいて、オールジャンルです。

    あと、僕はピンクのタオルなのに、白のタオルから誘われて、タチをしました。
    2階の発展スペースでは色があまり分かりませんでした。

    参考になったらクリック
    合計:8
  • Club Bath(クラブ・バス)
    ★★
    西さん
    2018年5月4日00時27分投稿

    初めて投稿します

    grabで直接行きました
    しかしgrabは住所を入れても選択出来ず

    マップに直接入れました
    Googleマップに住所いれたら
    200mぐらい違う所に連れていかれたので
    注意


    大きい道路沿いにあります
    暗いとわかりずらいと思いますが
    冷静になって探して下さい
    大道路沿いです

    (因みに治安はあまり良くない地域だそうです


    僕は英語が苦手なので
    first time
    i want praivert room
    と言いながらパスポート出しました

    パスポートは帰りまで預ける形です

    お金払い
    サインを4個ぐらい書きました

    スペルは忘れましたが
    スイグネチャーは署名です

    帰る時もサイン書かされます

    grarbで帰る場合は
    中で探して
    残り4分ぐらいで出ればいいと思います

    気をつけて楽しんで下さい
    英語苦手でもなんとかなります

    僕の書き込みが誰かの手助けになればいいです

    参考になったらクリック
    合計:15
  • Club Bath(クラブ・バス)
    ★★
    Hさん
    2018年3月20日20時52分投稿

    金曜日の6時(平日6時開店)からと日曜の4時から(土日3時開店)の2回行ってきました。だんさんが書かれた通りでした。補足するとしたら、料金が50ルピー値上がりしてました。
    本当だったら、LRTの駅からジプニーに乗っていけば楽なのですが、どこでおろしてもらえばいいかわからなかったので、帰りのみ利用しました。セブンイレブンの反対側に立って、LRTを通るジプニーに(車体の脇にルートが書いてあり、LRTの文字を見つけたら)乗り、「LRTの駅まで一人(ワン、LRTステーション)」と言って、8ペソを払い、外を眺めて、駅についたら降ります。
    入り口は、レインボーのマークがあるのですぐわかり、警備の人が外か中にいるので安心です。
    支払い時は、おつりがないと言って、50ペソ余計に取られる場合があるので、おつりがなくてもいいようにしておいたらいいと思います。
    荷物は、入り口に入ったらすぐに預けさせられるので、あらかじめ貴重品やゴム、ローションは分けておいたほうがいいです。荷物を預けたら、スタッフがロッカーまで案内してくれます。バスタオル・ミニタオル・サンダル・鍵をロッカーで渡されます。鍵にはロッカーの番号が書かれていないので、忘れないようにしてください。
    シャワーは湯沸かし器がついているところはぬるいお湯が出ますが、その他は水シャワーです。2階、3階はほぼ真っ暗ですが、個室は明かりがつきます。個室にはマットはありますが、その他の場所では、立ったままやるか、椅子に座った状態でやるかです。
    若い人は少ないけど、極端に年齢の高い人もいませんでした。体系はいわゆるおじさん体型がほとんど、あそこのサイズは日本人と同じぐらい。普通体系の自分が一番良かった感じで、両日ともすぐに掘られました。だからほとんどの日本人はここではモテると思います。
    衛生的には、合格点は与えられると思います。相手はゴムは持っていましたが、ローションは持っていないので、是非用意していくべきです。

    参考になったらクリック
    合計:6
  • Touch of Delight Spa(タッチ・オブ・デライト・スパ)
    ★★★
    Trevorさん
    2018年3月6日10時52分投稿

    最悪!
    絶対に行ってはいけません!

    ボーイ(Gabby)がチップで5000ペソよこせと、帰りの扉を閉鎖しました。

    チップ問題は慣れていますが、そのしつこさと陰湿さ。最低です。そして周りのスタッフも助けてくれませんでした。

    絶対に行ってはいけません。世界中のマッサージに行きましたが、ここは最悪です!気をつけて!

    Worst ever!!
    U should NOT go.

    Boy called Gabby asked me to pay 5000peso extra which i did not agree totally. And he blocked me the door and did not let me go. No body helped me. And it’s middle of nowhere and u can not just run and escape.

    I’ve done so many massages ever but this was the worst place ever!! Don’t go and carefull!!

    参考になったらクリック
    合計:24
  • Touch of Delight Spa(タッチ・オブ・デライト・スパ)
    ★★
    mumumuさん
    2018年2月25日23時22分投稿

    2月下旬にここに行きましたが、午後四時前で早いためか、お客さんは自分のみでした。

    マッサージをしてくれる男の方たちは全員筋肉むきむきのガッチリからガチムチでだいたい皆さん160-170cm程度した。スジ筋からスリムの系統は自分が行った時には1人もおらず、ガタイ専の人にはオススメです。

    指名した子に聞いたところ自分が行った日の従業員は全員ストレートのようでしたがとても礼儀正しい印象でした。

    自分が指名した子のマッサージ自体は上手とは正直言い難い印象でした。エクストラの値段は3500PHPを最初要求されましたが1200で交渉したところ、手コキと乳首ゼメをしてもらえるのと、相手のお触りするところまででした。最終的にチップと合わせて1350PHPを払いましたが足りないのかやや不満そうな顔をされていました(自分が支払った以上の金額を持ってった方がいいかもしれません)。

    参考になったらクリック
    合計:7
  • Club Bath(クラブ・バス)
    ★★
    だんさん
    2018年2月9日23時26分投稿

    場所は高架鉄道リベルタッド駅から徒歩10分弱。
    駅から海の方に向かってセブンイレブンのある信号を左折(ハリソン通り)すると、程なくして左側に発見。
    「2456」の番地を印した看板とレインボーフラッグが目印なので、わかりにくくはなかったです。
    1月下旬、月曜日のオープンとほぼ同時に入店しました。
    午後6時のオープン5分程前に着いたのに、入り口にはすでに5人の先客が待ってました。
    ひとりずつ案内される順番を待って、さっそく入店。
    受付でパスポートを預け、入会料250ペソ+ロッカー使用料250ペソの合計500ペソを支払い。
    なお、さらに150ペソ支払うと個室も使えるようでした。
    俺はここで大きな荷物も預かってもらいました。
    バスタオルとサンダルを渡され、ロッカー室へ。
    ロッカー室の隣がシャワー室で、あとは2階と3階が個室とダークルームになっていました。
    シャワー室の奥にあるミストサウナが、いちばんハッテンエリアになっていた気がします。
    短時間しかいれなかったため最初から俺は個室は借りませんでしたが、ガッツリやりたい人はダークルームでちょっかいを出したあと、個室にお持ち帰りしているようでした。
    店内はそこそこ清潔でしたし、客層も若い人から50代くらいまでいろいろいて、月曜の夜なのに結構にぎわってるカンジでした。
    ただ、階段が急だったり真っ暗の場所があったりで、歩くのが怖かったりするところがありました。
    ハッテン場だからそういう作りになっていて当たり前なのですが、迷路みたいな複雑な間取りも含めて、慣れるまではちょっと時間が必要かもしれませんね。
    あと、コンドームやオイル等は用意してないので各自持参が必要ですが、相手をしたフィリピン人はあまりコンドームをしたがりませんでした。
    マニラで現地のフィリピン人とハッテンできる場所としてならば、なかなかオススメできるスポットなのかもしれませんね。

    参考になったらクリック
    合計:6
  • Touch of Delight Spa(タッチ・オブ・デライト・スパ)
    ★★★
    だんさん
    2018年2月9日22時41分投稿

    場所は高架鉄道クバオ駅から徒歩10分弱、クバオのバスターミナルからだと5分もかからないところ。
    そこそこ目立つ店の看板があるので、わかりにくくはなかったです。
    1月下旬の金曜日、夕方4時半頃に入店しました。
    時間が早かったためか、お客さんは俺だけ。
    入り口のカウンターで受付を済ませ、ノーマルなスウェディッシュマッサージ1時間コースの450ペソを支払うと、ずらっとボーイさんたちが並んでくれました。
    全部で15人くらいかな。
    名前と年齢を全員に教えてもらい、俺が選んだのはいちばん男っぽくてガタイのガッチリしたJamesonくん、24歳。
    さっそく2階の個室に通されシャワーを浴びると、マッサージの開始。
    8年もマッサージのキャリアがあるとのことで、程よく会話も弾みながら全身を使ってほぐしてくれる彼のマッサージの腕は確かなものでした。
    30分程して、待望のエクストラ。
    チップの相場がわからなかったんでいくらか尋ねると、5000ペソとの要求。
    いやいや俺1000ペソしか出せないよと言うと、もっとチップを出してくれたらいろいろしてあげるのにと言いながらも、オイルを使って丁寧にちんこをしごいてくれました。
    彼も悩ましげな顔であえぎ声を出しながら極太ちんこを触らせてくれたし、俺も彼にチクビとちんこを攻められながらそのまま彼のテコキでフィニッシュの大量発射。
    ゆったりとした個室で大声出しながら、そこそこ理想のイケメンと周りを気にせずのセックスは、個人的には大満足でした。
    チップは結局、細かいお札もかき集めて1200ペソしか渡しませんでしたが、彼は嫌な顔はしてなかったと思います。
    コスパとしては良いのか悪いのかわかりませんが、個人的には納得できる料金でしたよ。
    マニラに行く機会がまたあれば、再訪してもいいかもなぁと思ってます。

    参考になったらクリック
    合計:6
  • Cool Spa(クール・スパ)
    ★★★
    ひろさん
    2018年1月28日10時27分投稿

    昨晩行ってみたら、廃墟となってました。ただ外の扉はそのままあります。

    参考になったらクリック
    合計:3
  • Che’lu Bar(チェル・バー)
    ★★
    G5さん
    2018年1月17日23時10分投稿

    金曜の23時過ぎにフィリピン人のvery gay friendlyのノンケ友達と行きました。
    Entrance fee忘れちゃったけど、300ペソ前後でW/3ドリンク!
    国籍もジェンダーも様々にそこそこ人は入っていて、DJも日本人ゲイ好みの選曲だったけど、みんな呑みモ―ド。
    時間忘れちゃったけど、Drag showが始まる頃にはそれなりに混みあってました。
    ShowはDream girls特集でなかなか良かったですよ。

    参考になったらクリック
    合計:3
  • Hilom Spa(ヒロム・スパ)
    ★★★
    たんたんさん
    2017年12月8日01時24分投稿

    過去に2回訪問
    ノンケばかりが10名ほど在籍している。
    すりガラス越しにセラピストを選べる
    過去2回とも金の亡者という感じの印象のセラピスト
    2000バーツしかないって言っているのに何度も金額アップを要求してくる。マッサージはほとんど意味なし。
    最後に支払ったあと「あと100バーツ」って言われたときは流石に呆れた。もう二度と行かない。

    参考になったらクリック
    合計:2
 

このサイトについて