ゲイ旅

ゲイの海外旅行ナビ

都市一覧

台湾
台北
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
フィリピン
マニラ
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー
ゲイ旅

マニラ

東南アジアの島国フィリピンの首都マニラ。セブやボラカイといったリゾートへ向かうときも立ち寄ることになる街だ。

ゲイスポットへの移動手段

  • 2017年3月24日更新
  • ゲイ旅編集部

ゲイスポットへの移動手段

マニラでは高架鉄道が三路線走っているが、市内を網羅しているとは言い難い。そこでおすすめの移動手段が高架鉄道+タクシー(またはGrabやUberなどの配車アプリ)だ。鉄道の最寄駅で降りた後、タクシーを利用すれば料金を節約できる他、渋滞に巻き込まれる可能性も減る。

マニラには、特に夜間、外国人の一人歩きは危険とされるエリアが多く存在する。夜間の移動は極力タクシーを利用したい。ちなみにタクシー運賃は日本に比べてずっと安くてお手軽だ。

配車アプリのススメ

スマートフォンを使って現在地と目的地を入力すると、近くを走っている契約運転手が迎えに来てくれるのが配車アプリ。タクシーを探す手間が省けるだけでなく、行き先の指示が不要、距離に応じてあらかじめ運賃を表示してくれる、など便利で安心なこともあり、世界中で利用者数を伸ばしている。

マニラで最も人気の配車アプリはマレーシア発の「Grab」。その他、日本でも有名な「Uber」も広く利用されている。どちらのアプリでも構わないので出発前にインストールしておくことをおすすめする。

なお、利用にあたってはインターネットへの接続が必須だ。現地でも、海外ローミング、レンタルWi-Fiなど何らかの通信手段を確保しよう。

 

このサイトについて